妊娠中におすすめの飲み物と控えるべき飲み物とは?

妊娠中は特に水分を意識赤ちゃんに水分をとられてしまい便秘になったりしやすいので、意識してとったほうが良いですね。

 

ではどのような飲み物が適しているのでしょうか。まず妊娠中に控えたほうが良い飲み物がいくつかあります。絶対に控えるべきはアルコールです。おなかの赤ちゃんに影響がありますので妊娠中はアルコールはとってはいけません。そのほかで気をつけたほうが良いのがカフェインを含んだ飲み物です。

 

コーヒーや紅茶、緑茶などにも含まれていますので少し注意すると良いですよ。気分転換にコーヒーブレイクを楽しみにしてる人も多いでしょう。一日1,2杯くらいであれば良いともいわれていますが、気になる方はカフェインレスのコーヒーもスーパーなどで手に入れることができますよ。

 

またごぼう茶や麦茶などカフェインが入っていないお茶もたくさんありますので色々と試してみると良いかもしれませんね。出産後の授乳している時期もカフェインを控えたほうが良いので、妊娠中にお気に入りのノンカフェインの飲み物をみつけてみるのもよいですね。また妊娠中にはジュースなどをのどがかわいたとお茶代わりにのむのはやめておきましょうね。

 

体重も増えてしまいますし、妊娠高血圧や妊娠糖尿病になってしまいます。おやつがわりに飲むくらいにしておきましょう。妊婦さんに一番おすすめは白湯です。体を冷やすことなく水分摂取できますし、カロリーもないのでたくさん飲んでも大丈夫ですよ。

 

朝一番の白湯は体をすっきりさせてくれるし、便通も良くなるし、良いことづくしですよ。