妊婦はノンアルコールビールにも気をつけて!

妊婦の飲酒

お酒が好きな人にとって、お酒が飲めないのはとても辛いことでストレスの原因になります。少量なら大丈夫など先輩ママから話を聞くという人もいるでしょうが、それは間違った認識で注意が必要です。妊婦で普通に飲酒を続けていた人でも無事に出産出来る場合もあれば、少量飲んだだけなのに赤ちゃんに影響を受けてしまう場合があります。しかし飲みたいという衝動がどうしても抑えられず、ノンアルコールビールやカクテルなどを飲む妊婦さんが沢山います。

 

ノンアルコールは無害なのか

答えは100%ではありません。

 

ノンアルコールの表示であってもお酒に変わりはなく、少量のアルコール(1%未満)が入っているものがあるので、注意が必要です。また少量のアルコールが入っているものは、胎児性アルコール症候群という治療法がない怖い病気を引き起こす原因になります。

 

アルコールが赤ちゃんに及ぼす影響は低体重、低身長や発達障害など様々です。

 

周期別の飲酒による影響

 

妊娠超初期はまだ妊娠しているのかわからない時期で、お酒が好きな人はこの時期に沢山のアルコールを取ってしまい、流産などの原因になってしまいます。妊娠をご希望の方は飲酒を控えた方が良いです。初期から中期の妊婦は、つわりなどのストレスが多い時期です。それと同時に臓器が造られる時期でもあるので、

 

胎児性アルコール症候群に1番注意が必要な時期です。妊娠後期は、胎児の成長異常だったり中枢神経の発達異常があるので注意が必要です。

 

ノンアルコールビールは普通のビールよりもアルコールは少ないですが、危険性はゼロではないので赤ちゃんのことを考えて他のストレス解消法を探してみて下さい。